2020年09月03日

夜の三島展示場

こんにちは!

福工房 三島店です。

今回は「夜の三島展示場」をご紹介させていただきますね。

IMG_20191117_170303.jpg

お家づくりをご検討される方の多くが、昼間に住宅展示場をご見学され、

その場の雰囲気やインテリアのオシャレな感じに

流されてしまいます。

それってある意味「お家づくりの盲点」ではないかと思うのです。


1日を通して過ごす時間が多いのは夜の時間の方が長いものですから、

昼のみならず、夜もご覧頂くとまた印象が変わってきます。


合板にビニールシートを貼った床ですと、夜に照明が反射してしまい

「ギラッ」としたちょっと眩しい感じになるのに対し、

本物の木を使った床ですと、

光が「しっとり」とした、

やすらぎある空間になります。

夜になり、辺りが暗くなることで、「天竜ひのき」の本質が

より引き出されて見えるようになります。


こういった部分って、言葉ではお伝えしきれないので、ぜひご自身で

体感して頂きたく思います。

「仕事帰りに立ち寄りたい・・・」

「昼間は家事に仕事に忙しい・・・」


そんな方の為に、特別に 【夜の見学会】 を開催いたします。

ぜひ三島展示場にお越しくださいね!
posted by 福工房三島店 at 10:15| Comment(0) | 日記

2020年07月17日

五感で感じるお家

こんにちは!

福工房 三島店です。

前回「なぜ福工房のお家は居心地が良いのか」を書かせて頂きました。

それは「実は緻密に考えられている」からです。

具体的に、どのように考えられて、五感が心地よいと感じているのかを

ご説明させて頂きますね!


専門用語に「木視率」という言葉があります。

これは何かと言いますと「お家の中で表面に木の見える割合」のことです。

木視率が40〜50%のお家が一番心地よく感じるそうです。

ちなみに40〜50%はこのくらいです。

191128三島展示場 (12).jpg

木を心地よく感じるのは、人間のDNAレベルで浸透しているようですが、

不思議なことに、木視率100%というのは逆に、居心地は下がるようです。

木を使えば良いというわけではないんですね・・・

お家には様々な要素が含まれております。


一生に一度の大切なお家づくり、なんとなくではなく、

しっかりと考えて作っていきませんか??

「なぜ福工房のお家は居心地が良いのか」

ぜひ福工房 三島展示場にお越しください!
posted by 福工房三島店 at 08:29| Comment(0) | 日記

2020年06月11日

なぜ居心地がいいのか?

こんにちは!

福工房 三島店です!

「いろんな木のお家を見てきたけど、なぜか一番心地イイ!」

「なんで??」


というご感想をよく頂きます。

なぜ心地良いのか、実はキチンとした理由があります。

私たちは居心地の良さを感じるにあたって、5つの感覚を用いています。

「五感」ですね。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のこと。

目・耳・舌・鼻・皮膚を通して感じる5つの感覚のことです。

特に目から入る情報ってとても多いものですから、

オシャレな家 = いいお家

デザイン住宅 = いいお家

って思ってしまう方も多いですねたらーっ(汗)

でもそれって一時的なもので、何十年先の、

お子さん、お孫さんまで受け継がれていくような、

「いいお家」でしょうか?

本当に「いいお家」は、実は緻密に計算されていながらも、

決して表には出ず、調和というか、溶け込んで、

その存在を感じさせないレベルで、

住まい手の感覚に自然と入っていくそうです。

一生に一度の大切なお家づくり、なんとなくではなく、

しっかりと考えて作っていきませんか??

「なぜ福工房のお家は居心地が良いのか」

ぜひ福工房 三島展示場にお越しください!
posted by 福工房三島店 at 08:57| Comment(0) | 日記